車購入の必要書類・費用Q&A

車購入Q&Aでは新車・中古車・軽自動車を購入する際の必要書類、費用、登録手続きについてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆持ち物チェックリストを作成しよう

★チェックリストを作ろう

 車検場に行く前にもうひとつ確認しておくべきポイントはやはり必要書類等の再確認です。

 ユーザー車検を初めて受ける際はおそらく緊張するはずなので持ち物チェックリストを作成しておくと便利でしょう。

 尚、以下にまとめる持ち物チェックリスト一覧表に記載されている必要書類は、ユーザー車検に限らず車検代行を依頼するケースであったとしても必ず必要となる書類です。

 多くの書類は通常、車検証を入れているファイルに同封されているかと思いますので一度、全ての書類を確認しておくと良いでしょう。

◆車検で必ず必要となる必要書類

 車検で必ず必要となる書類は意外と多くあります。

 車検証はもちろん、自賠責保険証明証や自動車税納付書なども必要になります。

 多くの必要書類は車検証入れに同封している方が多いかと思いますが自動車税納付書は毎年送られてくる納税用紙の領収証が必要となる点は必ず覚えておく必要があります。

 ここでは必要書類の種類と名称、そして入手先をチェックしておきましょう。

【持ち物チェックリスト一覧表】
●車検証(自動車検査証と記載されている書類)
●自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書と記載されている書類)
●リサイクル領収証(車検証入れに同封されているはずです)
●重量税納付書(車検場で入手)
●定期点検記録簿(車検場で入手)
●自動車税納税証明書(郵送で毎年送られてきます)
●継続検査申請書(車検場で入手)

◆車検場に到着するまでにやっておくべき2つのポイント

★最低限準備しておく点は2点

 車検当日の朝はゆとりを持って当日の作業が必要にならないようにしておきたいものです。

 前日までに必要書類を揃えたとして、ここでは車検場に付く前にやっておくべき下準備についてチェックしておきましょう。

 車検場に到着する前に最低限準備しておく点は以下の2点です。

@点検前に車の洗車を済ませておく
Aタイヤのホイールキャップを外しておく

 この2点は車検場に到着する前に必ず済ませておきましょう。

◆車検前に洗車をしておく理由

 洗車をしておくのは検査官がオイル漏れがあるかどうか確認しやすいように、特に足回りと自動車の下側を念入りに洗車しておくとベストです。

 実はオイル漏れがあって…とオイル漏れを隠すために洗車をする。

 もちろんそんな理由ではありません。

 尚、エンジンルームは面倒でもシャワー洗車ではなく自分の手で細部までしっかり拭いておく事が基本です。

 特に車検直前にオイル交換などをした場合はオイルがこぼれていないか確実にチェックしておく必要があります。

 試験官はオイル交換によってオイルがついているのか?それともオイル漏れが原因であるのかはわからない為、レアミスによる再検査なんてことがないようにしたいものです。

◆ホイールキャップは検査場で外してもOK

 ホイールキャップを外しておく理由は、車検ではホイールのボルト部分のチェックが行われるためホイールキャップを外しておく必要がある為です。

 これは車検場に到着してから取り外しても構いませんがホイールキャップを外す工具を忘れた…なんて事のないように工具をしっかり準備しておきましょう。

 工具は100均で販売されている6角レンチセットで十分です。

 尚、タイヤは車幅からはみ出していないかのチェックがかなり厳しく行われるため、要注意ポイントでもある点を把握しておきましょう。