車購入の必要書類・費用Q&A

車購入Q&Aでは新車・中古車・軽自動車を購入する際の必要書類、費用、登録手続きについてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆ディーラー以外で手続きを行う事を検討している場合

 ディーラーで自動車を契約した場合は、前項でお話した車庫証明の登録手続きから任意保険の加入手続きまで全て委任で手続きを完了してくれるディーラーも多くあるものです。

 これは、ディーラー側も一定割合の顧客を保険会社に提供することで、そのリベートが関与してくる為ですね。

 しかし、もし自分の親戚や身近な知り合いに保険の外交員がいる場合や、代行手続きを行ってくれる司法書士、行政書士などの知り合いがいる場合は、そちらを通さなければいけない場面もあるかもしれません。

 また全て自分で手続きを完了させて少しでも委任にかかる費用を節約したいと考えている方もいるでしょう。

 ここでは、ディーラーなどを通さない方法で納車前の手続きを行う方法についてチェックしていきましょう。

※Point!費用の節約も一度は考えてみよう!

◆車検証がないから見積もりができない!

◆車検証がないから見積もりができない!

 インターネットなどの自動車保険の見積もりサイトを見ていると、見積もりを実際に希望する際の項目に「?」となることがあります。

 車検証に記載されている番号を記入する項目があるためです。

 納車前の段階ですから車検証はもちろん手元にありません。

 見積もりは納車3ヶ月前から可能となっていますが、3ヶ月前に車検証なんてそもそも存在していません。

 では、この車検証はいったいいつもらえるのでしょうか?

◆納車日前に車検証の記載情報を入手するには?

◆納車日前に車検証の記載情報を入手するには?

 自動車保険の任意保険の見積もりをしようとした際に、車検証の番号がなくて見積もりができないケース。

 これは自分の経験談でもありますが、車検証の問題はすぐに解決することができました。

 車検証は自動車の新規登録手続きが完了した際に陸運支局で発行され、この時点で自動車は晴れて公道を走行することが可能となる車となります。

 もちろんこの時点でナンバープレートも発行されますが、納車日はまだ先の話です。

 ディーラーに確認したところ、新規登録検査が数日後に完了とのことでその時点でFAXにて詳細を送ってくれるとの事。

 後日無事FAXも届き必要な入力欄の項目を全て記入することができました。

※Point!ディーラー・販売店に直接聞いてみよう

◆車検証の引渡しは原則納車日

◆車検証の引渡しは原則納車日

 車検証が実際に手元に届くのは基本的に「納車日」に自動車の納付と一緒に渡されるのが通常です。

 しかしこれは決まりではなく、ディーラーによっては事情を伝えることで納車前に車検証を渡してくれる場合もあります。

 ディーラーや販売店が契約している保険会社や自社が保険代理店を建てて営業をしている場合はこのような手続きの全てを行ってくれます。

 特に代理店を自社で運営しているケースも近年は増えてきており、保険の顧客も獲得できることから委任手数料などが無料のケースが大半となってきております。

※Point!車検証は納車日にもらう

〜ポイントのまとめ〜
★費用の節約も一度は考えてみよう!
★ディーラー・販売店に直接聞いてみよう
★車検証は納車日にもらう

<<前のページ | 次のページ>>