車購入の必要書類・費用Q&A

車購入Q&Aでは新車・中古車・軽自動車を購入する際の必要書類、費用、登録手続きについてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆自動車やバイクの新規登録手続きや車検を行なう場所

★自動車やバイクの新規登録手続きや車検を行なう場所

 陸運支局は自動車はバイクの新規登録手続きや廃車の手続きを行なう主に登録事務を行なう公的機関です。

 また、車やバイクの定期検査(車検)も行なっており、車検時には重量税などの納付手続きも陸運支局で行うことが可能です。

 ナンバープレートの紛失してしまった場合の再交付手続きなども陸運支局で手続きを行います。

◆陸運支局は全国各都道府県に設置

 陸運支局は全国各都道府県に設置されております。

 北海道のように広いエリアの場合は、管轄エリアを分担し複数の陸運支局が設置されております。

 各種手続きは自分が住民票を登録している地域に属する管轄エリア内の陸運支局で手続きを行うことになる点がポイントです。

※Point!手続きは住民票が登録している管轄エリアで行なう

◆ユーザー車検の予約も陸運支局の予約システムで行う

 自分で車検を行うユーザー車検の人気が高まってきておりますが、もしユーザー車検を検討している方は、陸運支局の予約システムを利用して車検の予約を行っておく必要があります。

 車検の予約はインターネット、もしくは電話での予約となりますが、電話で予約を行う場合は自動音声に従って操作を行う必要があります。

 車検の予約は日数の指定と午前、午後の予約指定を行うことになりますが、もし初めてユーザー車検の予約を行う場合は必ず午前の早い時間帯で予約を入れておくようにしましょう。。

 実際に車検場に行った経験をお持ちの方はわかるかと思いますが、車検場の検査中に不備が発生した場合、その日の内に整備をし直しチェックを受けると無料で再検査を受けることが可能となるためです。

 陸運支局内、もしくは近くには整備工場が幾つもありますので、不備があった場合はそのまま整備工場で交換手続きまで行い、当日中に再検査を受けると1日で車検作業を終えることが可能となりますし、車検場が遠方にある場合は2日間かけて通う負担も軽減されますので覚えておいて損はないでしょう。