車購入の必要書類・費用Q&A

車購入Q&Aでは新車・中古車・軽自動車を購入する際の必要書類、費用、登録手続きについてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆ミッドシップで実際に駆動するタイヤは後輪駆動方式

 カー雑誌などを見ているとごく稀に目にする事がある文字がミッドシップ、もしくは「MS」「MR」という文字です。

 このミッドシップとはいったい何を表しているのでしょうか?

 答えはエンジンの駆動方式です。一般的に広く知られているエンジンの駆動方式としては、2WD(FFやFR)や4WDですね。

 このMRとはエンジンの配置の位置が車体の中心に位置している自動車であることを指します。

 実際に駆動するタイヤは後輪駆動方式となりますが、エンジンが前方にあり後輪タイヤが駆動するFRと比較すると、車の重心が中心に配置される為、コーナリングの操作性などが格段にアップすることになります。

 実際に市場で販売されているミッドシップタイプの自動車は少なくあまり目にしませんが、ホンダの高級アルミボディースポーツカーである「NSX」や一昔前に比較的多く目にした「MR−S」等が有名です。

◆ミッドシップは本当に走りが好きな人向き

 ミッドシップタイプの自動車が一般市場にほとんど販売されていない理由はミッドシップの需要が少ない事が最大の要因にあります。

 エンジンを車体の中心部分に持ってくるということは、室内の空間を大きく犠牲せざるおえないことになり、またエンジンと運転者の距離も近くなる事からドライバー及び搭乗者に与える熱に対する問題を含め様々な問題をクリアする構造設計にする必要がある為です。

 荷物を載せるトランクルームもほとんど機能しない程度しか設置できず、シートも2シーターとなる為、本当に走りが好きな方以外はあまりメリットのないタイプであるのがミッドシップなのです。

◆F1の世界ではミットシップが主流

 ミッドシップが最も重要視され実際に使用されているのが「F1」です。

 地面すれすれの低い車体の中心にエンジンを設置し、高いコーナリング性能を引き出すことに成功しております。

 またミッドシップタイプのエンジンは中央にある為、フロントのエアダクトの他、ボディーのサイド部分にもエアダクトが設置されているのもF1車やNSXのひとつの特徴でもあります。

 これは、見た目、デザイン的な問題よりもエンジンをしっかり冷却する為の構造的な問題であり、冷却装置も水冷式の他、F1では空冷式のタイプが使用されていた歴史もあります。